第1回 わかりやすい木構造勉強会(北九州) 終了

先週金曜日(11/30)の夜、北九州構造設計技術者協会の主催で『わかりやすい木構造勉強会(北九州)』を開催しました。

第1回のテーマは、「木造在来工法および伝統工法の新築・耐震改修設計の概論と今後の展望」。

川﨑建築構造設計事務所代表・JSCA九州支部木造部会長の川﨑薫先生を講師にお迎えしての講義と質疑応答でとても有意義な勉強会になりました。

会場はウェルとばた8階の会議室。予想を上回る数の参加申込みをいただき、急遽2室を借りての開催になりました。構造設計に携わる方のみでなく、意匠設計や施工・監理をされている方が約半数にのぼり、木構造に対する関心の高さが伺えました。

先生には短い時間の中で在来も伝統工法も新築も耐震改修もと、欲張りなお願いをしてしまいましたが、とても具体的で興味深くわかりやすい講義に皆で聞き入りました。充実の2時間半でした。

川﨑先生、どうもありがとうございました!

 

来年にはより具体的な構造設計についての連続講座を開催できたらとただいま計画中です。どうぞお楽しみに。